ムリのないカードローンの使い方

無理な借り入れ、返済、増枠をしない

カードローンを無理しないで使っていく方法としては、まず第一には当然のこととして必要以上に使いすぎないで、返済できる金額だけを借りることです。また、カードローンの場合、ほとんどのサービスで繰り上げ返済が可能となっているので、お金に余裕がある時はどんどん繰り上げ返済することで将来に払う金利を減らすことができて、かなりの節約になります。
また、カードローンを長く使っていると、増枠をすすめる勧誘の電話がかかってきたりすることもあります。こういう場合、あまり枠を広げてしまうと、つい油断してお金を借りすぎて浪費してしまう可能性もあります。ですから、自分の性格や返済能力をよく考えて、むやみに枠を広げないというのも、賢いカードローンの利用法となります。

リボ払いを上手に活用

また、カードローンに関しては、リボ払いをうまく活用するというのも無理せずにカードローンを使っていく一つの賢い方法となります。通常での返済が難しくなった時、無理をして副業でバイトを入れたり、極端な節約生活をして返済を続けていると、そういった生活に対する反動が来て、激しい無駄遣いをしてしまう可能性があります。そういう場合、リボ払いを利用すれば最低の返済額だけ払うことで、特に問題なくカードローンは利用し続けることができます。ですから、苦しい時にはリボ払いを利用して無理のない生活を送り、生活が安定している時には通常の返済プラス繰り上げ返済でどんどんお金を返して行く、というのも無理のないカードローンの利用法と一つとなります。